事業概要
環境省と(公財)環日本海環境協力センター(NPEC)は、人工衛星でとらえた海洋環境データを受信・解析し、NOWPAP関係国を含む国内外に発信するシステムを構築するため、「環日本海海洋環境ウォッチ」事業を平成13年度から推進しています。

目的
国連環境計画(UNEP)の提唱のもとに、日本、韓国、中国及びロシアにより「北西太平洋行動計画」(NOWPAP)が実施されています。NOWPAPの実施にあたっては、各国に海洋環境保全に関するプロジェクトの拠点となる地域活動センター(RAC)が設置されることとなり、日本においては当センター(NPEC)が特殊モニタリング・沿岸環境評価地域活動センター(CEARAC)に指定され、特殊モニタリングの一つとしてリモートセンシングによる海洋環境モニタリング技術を開発・普及することになりました。そこで、日本に課せられた国際的任務を果たすべく、環境省の支援のもとに「環日本海海洋環境ウォッチ」事業を実施することとなりました。この事業の実施により、広域的かつリアルタイムな日本海及び黄海の現状を把握することが可能になるとともに、関係国と海洋環境監視手法を検討する上で重要なデータとして活用されることとなります。2007年からは、環日本海海洋環境ウォッチが提供するリモートセンシングデータベースは、北東アジア地域GOOS(NEAR-GOOS)のデータベースにも登録されることとなり、より多くのユーザーへのデータ提供が期待されています。
事業内容

(1) 衛星画像受信局の設置現在運用中の地球観測衛星から得られるNOWPAP海域の環境データを受信するため、衛星画像受信局 (受信、記録、処理、保存システム)を設置。

(2) データ解析システムの開発整備

衛星から得られたデータを解析するためのコンピュータソフトウエア、ハードウエア並びに周辺装置(カラープリンター、大量磁気記憶装置、スキャナーなど)を整備。

(3) データベースシステムの構築

衛星が取得したデータを長期的に保存し、各種研究目的に応じた形で活用できるようにするためにデータベースを構築。

(4) 発信のためのホームページ作成

環日本海海洋環境ウォッチのホームページを作り、衛星から得られた海洋環境情報(海況情報)が順次掲載されるようにしました。なお、提供データは本プロジェクトにおいて整備した各種データを中心としています。

システム整備・運用方法
●環境省 : ハードウェア(衛星画像受信・処理設備、データ解析設備、保存・検索設備、情報発信設備)を富山県内に整備するとともに、システムを開発します。
   
●NPEC: 上記設備の管理運用及び利活用を行います。管理運用及び利活用にあたっては、海洋環境リモートセンシング調査検討委員会を設置し、日本国内の海洋環境リモートセンシングの専門家の指導助言を基に実施しております。
システム構成
illust_p01a

Copyright (C) Ministry of the Environment・NPEC/CEARAC. All rights reserved.