カレンダーの表示手順
カレンダーの表示は、以下の手順で行ってください。
基本的な手順は、「エリアの選択」→「プロダクトの選択」→「日付の選択」となります。

カレンダーの表示手順
  • はじめに、表示したいエリア(AOI : Area Of Interest)をクリックします。黄色の枠が選択できるエリアです。
  • 『Data Products』より、表示したいデータを選択します。
  • データを選択すると、自動的に『Date Range』に日付が入ります。これは選択したデータが登録されている期間です。
  • 最新のデータのみ表示したい場合は、『View latest data』をクリックしてください。
  • 表示する期間を指定する場合は、『Date Range』より開始年月(From:)と終了年月(To:)を選択し、『Selected date range』をクリックしてください。
  •  
  • カレンダーが表示されました。
  • 『Selected date range』を選択した場合は、右上の『Jump to: 』より他の年月のカレンダーを表示できます。

データのダウンロード手順
  • カレンダー表示されている画像から、ダウンロードしたい画像をクリックします。
  • 選択した画像が別ウィンドウで表示されます。
    『Dataset format:』から、ダウンロードしたいフォーマットを選択し、『Download』ボタンをクリックします。
  • 表示されている画像をそのままダウンロードしたい場合は、画像を右クリックしてください。画像のみ別ウィンドウで表示されますので、右クリックして「名前を付けて保存」等で保存してください。一部ブラウザではポップアップの制限により表示されない場合があります。この場合、ポップアップを許可してください。
  • このウィンドウを閉じる場合は、『Dismiss』ボタンをクリックしてください。
  • 画像の詳細な情報を確認するには、ウィンドウ上部『View metadata』をクリックします。

Copyright (C) Ministry of the Environment・NPEC/CEARAC. All rights reserved.